看護師の人間関係の悩み

看護師は、専門職であり、命を扱うとともに非常にやりがいのある仕事ではありますが、同時に精神的にも肉体的にもきつい仕事です。
そんな看護師のよくある悩みとしてあげられるもののひとつに、人間関係に関する悩みがあります。

一口に人間関係の悩みと言っても、その内容も様々あります。
看護師同士の人間関係のこともあれば、看護師と患者、あるいは患者の家族との人間関係の悩み、そして看護師と医師との人間関係の悩みなど様々です。

病気や怪我に悩まされストレスが溜まっている患者とその家族との人間関係もさることながら、同僚や医師との人間関係の悩みは、時に重大な事故につながりかねないので無視できません。

看護師の職場でこのような悩みが多い理由は、職場の環境に関係しています。
そもそも看護師の仕事はチームプレーで、責任が重く、ピリピリしているものです。

加えて女性が多いため、女性同士の独特の人間関係が生じやすいです。
幅広い年齢層の価値観も多種多様な人々が一緒に働くことも、相互理解が成り立たずに人間関係に支障をきたす原因になります。

また、医師と看護師といった役職の違いから無意識に看護師を下に見る人も多いです。
これらのことが関係して人間関係が悪くなります。

人間関係は悪化したままにすると、仕事にも影響を及ぼすので、そのまま放置することはできません。
改善のためには、まずは相手の話をよく聞くことが必要となります。

相手を理解しようとすることに努め、そのうえで自分の話もよくすることが第一歩です。
お互いにコミュニケーションを上手に取ることでチームプレーも良くなっていくことでしょう。