上下関係が厳しい看護師

看護師の上下関係は、厳しいです。
なぜなら、看護師はやはり経験があるほうが、知識も技術もあるからなのです。

看護師は国家資格を取得して就職をしますが、国家資格があっても看護師としての技術はまだまだ未熟です。
そのため少しずつ臨床経験を積みながら看護師として成長していく必要があります。

その時に指導してくれるのが、先輩看護師です。
新人教育の場合、先輩看護師が新人看護師につき、さまざまな知識や技術を指導します。

先輩看護師はこれまでに臨床で遭遇した症例やケアの実際を新人看護師にさまざまな場面で指導してくれるのです。
これはどこの病院でも行われている新人教育のひとつです。

また看護師として経験を積んでいけば、管理職の研修を受け、主任や師長になることもできます。
管理職というのは、看護師をまとめる大切な役割です。

看護師の能力を見ながら、勤務を作ったり病棟編成を行わなければいけません。
もちろん患者の管理もしなくてはいけませんし、医師とコンタクトをとる重要な役割も果たすため、総合的にみて判断できる能力を備えた人が管理職になっているといえるのです。

つまり看護師にとって、経験年数はとても重要です。
経験年数を重視した場合、上下関係というのは必ずあります。

現在は一旦社会人になってから看護師になる人も多いですが、先輩が後輩に指導するという形がとられていることがほとんどなので、実年齢の上下関係ではなく看護師としての経験年数で上下関係を考えていくのがいいでしょう。